Doorkeeper

グッドバイブス東京セッション Vol.1「手放すものと価値あるもの」

2020-11-28(土)17:15 - 19:45

feel Asakusa space

東京都台東区駒形2-1-8 初音ビル2階

申し込む
7,700円 前払い
セッション終了後に懇親会を開催します。
あと10人参加できます。

詳細

セミナーとは違う「懇談会形式」で理解を深めよう!

「グッドバイブス東京セッション」は、講師が一方向で考えを伝えるセミナーではなく、あるテーマについて対話を重ねながら理解を深めていく「懇談会形式」のイベントです。

毎回、冒頭に倉園から簡単な質問をします。今回のテーマなら、

・あなたが簡単に手放せるものは何か?
・できるかどうかはわからないけど、手放したいと思っているものは何か?
・いま、価値があるとみなしていて、すでに得ているもの、まだ得られていないものは何か?

といったものになるでしょう。

もちろん、正解や不正解はありません。素晴らしい答えを出す必要もまったくありません。

ここで挙げられたリアルな回答が、その場に参加した全員にとって最高の出発点になります。

あとは、ゆるーく、気軽に、懇談しながら、疑問や不審点をその場で解消していけば「手放すものと価値あるもの」というこの日のゴールに導かれていくはずです。

一般的な問題の解決法に比べて、やや異質に感じるグッドバイブスにとっては、このセッション形式が最適だと私は考えます。


自分の人生から何を手放し、何を価値あるものと見るか?

私の説では、すべての人は平安な心を携えて生まれてきます。なぜならば、誕生した瞬間の私たちは明確な自他の区別をもっていないからです。

けれども、思いどおりにならないことや、自分を苦しめるように見える人たちに遭遇するたびに、最初の平安は「恐れや不安」へと変わっていきます。

そうして、世界は次第に危険な場所に見えるようになり、そこから身を守るための「さまざまなもの」を自分のまわりに築き上げていくのです。

もちろん、そのすべては生まれたばかりの「本来の自分」には不要なものです。

そして、これこそが、私たちにとって「手放していいもの」「やめていいもの」だと私は考えます。

ただし、それを実行するためには、長い年月をかけて歪められてきた、私たちの「世界や人の見方」を元に戻す必要があります。

そうでなくては、あまりに恐くて手放すことも、やめることもできないからです。

この、

「いっさいの恐れや不安がなかった、あのときの自分の価値観を思い出す方法」

が、今回のセッションのメインテーマです。

これによって私たちの人生は、信じられないほど楽なものに変わります。と同時に、自分で作り上げた防壁によって厳重に隠されていた「本当に価値あるもの」を見つけることができるようになります。

もちろん、このプロセスの中で失うものは何もありません。それまで好きだったものはより好きに、楽しかったことはより楽しく感じられるようになるだけです。

大掃除をすれば、居心地のいい家が再生されるように、「手放していいもの」「やめてもいいもの」がなくなれば、わたしたちもしあわせマックス、価値マックスな自分に戻れます

この日は、みなさんと一緒に、そんな話をじっくりと交わしたいと思います。ピンときた方は、ぜひご参加ください!


グッドバイブスファクトリー会員なら1,100円オフ!

オンラインコミュニティー「Good Vibes Factory」の会員の方は、1,100円オフの6,600円(税込)でご参加いただけます。


講師紹介

倉園佳三

kurazono_R.jpg

グッドバイブス・エバンジェリスト、執筆家、音楽家。

1962年福岡県北九州市生まれ。青山学院大学英米文学科を2年で中退。

音楽家、IT系雑誌「インターネットマガジン」(インプレス)の編集長を経て2002年に独立。ガジェットやクラウドを駆使した仕事術の執筆とともに、企業向けに人材育成、プロジェクトマネージメント、コンテンツマーケティングなどの支援を行う。

2019年の『グッドバイブス ご機嫌な仕事』出版以降は、しあわせな働き方や、「生態系のように動く組織」の創り方を、個人や企業に伝道する活動をメインとしている。

著書に『すごいやり方』(扶桑社)『iPhone × iPad クリエイティブ仕事術』『グッドバイブス ご機嫌な仕事』(インプレス)『不安ゼロで生きる技術』(知的生き方文庫)などがある。


佐々木正悟

nokiba_icon_R.jpg

心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。

1973年北海道旭川市生まれ。97年獨協大学卒業後、ドコモサービスで働く。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。同大学卒業後、04年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年に帰国。

帰国後は「効率化」と「心理学」を掛け合わせた「ライフハック心理学」を探求。執筆や講演を行う。

著書に、ベストセラーとなったハックシリーズ『スピードハックス』『チームハックス』(日本実業出版社)のほか、『イラスト図解 先送りせず「すぐやる人」になる100の方法』(KADOKAWA)『やめられなくなる、小さな習慣』(ソーテック) 『不安ゼロで生きる技術』(知的生き方文庫)などなど。


参考資料

グッドバイブス公式ウェブ
グッドバイブスYouTubeチャンネル

コミュニティについて

グッドバイブスファクトリー

グッドバイブスファクトリー

【グッドバイブスファクトリー】は、「グッドバイブス」に関連したイベントに関する情報、およびフォローアップを目的としたコミュニティです。 ※旧「働く人のメンタル会議」を改称しました。 現状は主に開催告知と、それらに関するご質問、ご要望などをこちらのコミュニティで受け付けています。

メンバーになる